ハイドロキノンのデリケートゾーンの黒ずみ解消|効果と副作用と費用

デリケートゾーンの黒ずみ治療で美容皮膚科や美容外科を訪れる人もいらっしゃいますが、外用薬としてハイドロキノンが処方されることも多いです。

ハイドロキノンは、美白効果が高い事で知られていて、メラニン色素が合成される過程で阻止してくれるため、余分なメラニンを作らせません。

また、ハイドロキノンによって溜まってしまったメラニンの除去にも効果的です。
美白効果が高い分、薬効成分が強い為、医師の管理の元で使うだけではなく、長期間の使用は避けた方が良いでしょう。

ハイドロキノンの費用 ハイドロキノンは、美容皮膚科や美容外科、皮膚科で処方される事もあります。
美容目的だと保険適用外になる為、実費で1本2千円から4千円くらいです。
皮膚科や美容外科などによって費用は異なります。
ハイドロキノンは美白効果がとても高いのにお手頃な価格なので人気です。
治るまでのおおよその日数 ハイドロキノンの効果を感じることができるようになるまで2週間から4週間ほどかかります。

ハイドロキノンの副作用について

ハイドロキノンは、デリケートゾーンの黒ずみを美白する薬用クリームとして、すでに多くの方が使用されています。
その過程で、副作用が出る可能性もあるので注意が必要です。
ハイドロキノンの副作用には次のようなものが報告されています。

  • 赤み
  • かゆみ
  • アレルギー症状
  • 痛み
  • 色素沈着
  • 皮膚炎
  • 皮がむける

このような症状が少しでもあったら使用を中止し、医師に相談してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみ解消でハイドロキノンの効果がある3つの理由

理由1:チロシナーゼを阻害する

デリケートゾーンの黒ずみ原因であるメラニンは、刺激や摩擦、その他の原因でだんだんと濃くなっていきます。
ハイドロキノンを使用すると、メラニン色素を肌の奥で生成する際に必要なチロシナーゼという物質の働きを阻害するのです。
これによって新たなメラニンの生成を抑えてくれます。
肌の奥でできるメラニンをハイドロキノンは作らせないため、デリケートゾーンの黒ずみが悪化することを防いでくれるでしょう。

理由2:メラニンの集合体を分解

ハイドロキノンは、美白効果が高い成分としてご存知の方も多いですが、メインの働きがメラニン色素の集合体を分解するという働きです。
人の肌には、顔にもデリケートゾーンにもメラニンの元となる物質が存在します。
様々な刺激などによってメラニンが生成され集まって黒ずみとなりますが、このメラニン集合体を直接分解してくれるのがハイドロキノンです。
すでにあるデリケートゾーンの黒ずみにも効果的だと言えるでしょう。

理由3:圧倒的な美白効果

美白成分と言っても、数が多く、様々な美白化粧品などに配合されています。
しかし、ハイドロキノンと比べると全く美白効果が期待できません。
なぜなら、ハイドロキノンは圧倒的な美白効果があるからです。
例えば、有名な成分であるアルブチンと比べてみると、ハイドロキノンはアルブチンの100倍美白効果が高いと言われています。
つまり、アルブチン100回相当がハイドロキノンなら1回で済むので、多少、副作用があったとしてもハイドロキノンを使いたいという人が多い事に納得できるでしょう。
ハイドロキノンは圧倒的な美白効果があるから皮膚科や美容皮膚科、美容外科でも処方されているのです。

ハイドロキノンの治療はどんな流れ?

ハイドロキノンでデリケートゾーンの黒ずみ改善をされたいという方はどのような治療の流れになるのでしょうか?
こちらでは、ハイドロキノンでの黒ずみ治療例をご紹介します。

  1. 皮膚科や美容皮膚科、美容外科の予約を取ります
  2. カウンセリングや診察でデリケートゾーンの黒ずみ治療を希望します
  3. ハイドロキノンでの治療を相談してみましょう
  4. ハイドロキノンが処方されます
  5. ハイドロキノンを毎日塗って治療します
  6. 長期間の使用はできないので医師の指示に従って使用してください

早ければ2週間から4週間くらいでデリケートゾーンの黒ずみ改善が見られるでしょう。
治療の流れはこの通りですが、使用中に異常が出たら無理して使わず、中止して医師に相談してみてください。