レーザートーニングでデリケートゾーンの黒ずみは治る?効果と施術例

レーザートーニングとは、美容皮膚科や美容外科で行われるデリケートゾーン黒ずみで行われるレーザー治療法です。

レーザートーニングは、韓国で開発されたレーザー治療機器でメラニン色素をしっかりと破壊してくれるのに痛みが少なく安全性も高い治療法になります。

機械の名前としてはメドライトC6(J-MEC社)やスペクトラ(ルートロニック社)がレーザートーニング機器です。

費用も安いのですが、複数回の照射が必要で最低でも10回以上照射した方が良いです。

短期間でデリケートゾーンの黒ずみ改善をされたい方には不向きかもしれませんが、少しでも安い方法で美容皮膚科や美容外科のレーザー治療を受けたいという人にはおすすめの方法になります。

レーザートーニングの費用 1万円~1万5千円/回
10回から15回ほどで黒ずみ改善が可能です。※個人差があります
総費用としては、10万円から20万円程かかるでしょう。
治るまでのおおよその日数 半年から1年程
※個人差があります

レーザートーニングでの黒ずみ治療に副作用はあるのか?

美容皮膚科や美容外科で受けられるレーザートーニングでは、人によって副作用が出る事もあるでしょう。

ごく一部の方ですが、かゆみや湿疹が出たという人もいます。一般的には、それほど強いレーザーではない為、肌トラブルも起こりにくいでしょう。

他にもレーザートーニングの治療を止めてから、逆に黒ずみが濃くなったというケースもあるので注意が必要です。

もしも、レーザートーニングの後に異常が見られた場合、すぐに医師へ見せた方が良いでしょう。変に我慢すると症状も悪化する事があるので医師と相談しながら治療を行うようにしてください。

デリケートゾーンの黒ずみ解消にレーザートーニングが良い3つの理由

レーザートーニングは、韓国で開発された美容レーザーですが、日本でも広く普及しており、多くの美容皮膚科や美容外科で採用されています。
レーザートーニングは、毛穴の引き締めやたるみにも効果的ですが、どのようにデリケートゾーンの黒ずみを改善するのか理由を3つご紹介しましょう。

理由1:メラニンを広範囲で破壊する

レーザートーニングは、肝斑などの治療で用いられることが多いレーザー治療器ですが、どうしてデリケートゾーンの黒ずみにも効果的なのでしょうか?

それは、レーザートーニングがメラニンに反応して広範囲で黒ずみ改善するからです。

一般的なレーザー機器に比べると、レーザートーニングは熱も持たず、痛みも少なく、短時間の施術でOKなので身体的なダメージも少なくなります。
広範囲照射を繰り返しても皮膚トラブルも起こりにくく黒ずみ改善には効果的なレーザー治療法です。

理由2:短時間の施術で肌を傷めず黒ずみ改善

デリケートゾーンの黒ずみ改善でレーザートーニングを選ぶ人が多いのですが、理由の一つが施術の時間が短い事と痛みが少ないということです。

忙しい現代人は、デリケートゾーンの黒ずみ改善の為に治療で時間がかかるのは困ります。多忙な女性程、施術時間が短いのは嬉しいのではないでしょうか?

また、普通のレーザー治療器に比べるとレーザートーニングは痛みが少ないです。数回の施術で慣れる人も多いですし、肌にも負担をかけません。
肌を傷めずデリケートゾーンの黒ずみ改善ができるのです。

理由3:価格が安く何度も通える

デリケートゾーンの黒ずみ改善のレーザー治療だと高い場合、1回の施術で8万円~10万円かかります。
レーザートーニングの場合、1回が1万円~1.5万円なので、無理せず治療に通う事ができます。

せっかくデリケートゾーンの黒ずみ改善をするなら、しっかり治療したいという人もいるのではないでしょうか?
価格が安い分、何度も通わなければなりませんが、総額でかなり費用が抑えられ、デリケートゾーンの黒ずみ改善にうってつけなのがレーザートーニングです。

レーザートーニング治療の流れについて

レーザートーニングの治療を受けたいと思ったら次のような流れになります。

  1. 美容皮膚科や美容外科の診療予約をする
  2. 予約時間に出かけて診察してもらう※レーザートーニングの治療をするかどうか決める
  3. 注意事項を守り施術日まで過ごす※日焼けしない・摩擦を避けるなど
  4. 施術日に美容皮膚科や美容外科へ行く
  5. レーザートーニングの施術
  6. アフターケアをきちんと行う

1~6を10回以上繰り返してレーザートーニング治療を行います。

このように、レーザートーニングは、美容皮膚科や美容外科での施術だけではなく、自己管理が必要です。
普段から保湿に気を付けたり、摩擦や刺激を与えないようにしないとレーザートーニングをしている意味がありません。
レーザートーニング治療中は医師の指導の元、普段の生活にも気を付けましょう。